早漏防止策の代用品になるジフェンヒドラミン

日本の医薬品にはお馴染みといった成分であるジフェンヒドラミンは風邪薬や鼻炎薬に使われています。副作用で服用後に眠気が生じるということから、ここに着目し睡眠導入剤として開発された経緯があります。市販の睡眠導入剤にはこのジフェンヒドラミンが使われていることが多いです。このジフェンヒドラミン、早漏防止薬として代用品になれることもあります。

市販の医薬品というのは、効果が劇的に現れるというものは少なく、ジフェンヒドラミンも同じであり成分量が少ないことから早漏対策としての代用品になるのかというと個人差があります。代用品として効果があったという人もいれば、まったくないという人もいます。しかし本来は早漏防止薬として使うものではありませんので、本当に早漏を改善したいのであれば、正規品の防止薬を服用しましょう。

防止薬は主に射精の時間を延ばす効果があることが多いです、射精が早い男性というのは、ノルアドレナリンという性的興奮を受けやすい体質になります。本来は射精を我慢させるための効果がある物質であるセロトニンという物質はノルアドレナリンを抑えようとするのですが、射精が早い男性にはこの抗うセロトニンが少ないことが研究によりわかってきました。このセロトニンの分泌を多くさせるために内服するのが、早漏防止薬になります。

代用品として男性器への刺激を麻痺させる消毒液やかゆみ止めであるクリームなども使われることが多いですが、本当に改善したいのであれば、早漏防止薬を使うことをおすすめします。性行為の前に服用することで、1日行う回数の性行為を補う持続性があります。しっかりと対策をとることで改善しますので悩んでいるのであれば改善策をとりましょう。