早漏の治療は男が行うしかない

早漏は女性が治せる症状ではありません。
男が早漏を自覚して治療をしていくしかないのです。
女性が不満を感じていても、男性にその気がなければ解決しません。

仮性包茎や短小については、あまり気にしない女性が多いです。
シャワーでペニスを綺麗に洗浄していれば、少しくらい小さくても受け入れてくれます。
しかし、過度の早漏に関しては女性もかなりの不満を覚えることになるでしょう。
3分以内に射精するような場合、ほとんどの女性は不満を感じるはずです。
女性がイクために必要な時間は15分程度と言われており、実際に男性に求める平均挿入時間も15分程度なのです。
早く射精をしてしまうと、男性はよくても女性はストレスが溜まります。
口に出して早漏を指摘することはなくても、浮気される可能性は高くなるでしょう。
挿入した直後に射精する状態ならば、完全に治療が必要です。

ペニスに関する治療といえば手術を連想する方が多いでしょうが、手術が必要になるケースは特例なのです。
通常は治療薬を使用したり、マスターベーションで調整したりして解決できます。
個人輸入代行サイトで購入できる早漏改善薬は、医師の処方箋なしで購入できます。
塗り薬と飲み薬があり、即効性があるのは前者のほうです。
SEX前に塗布しておくだけで、ペニスの感度を弱くして射精を遅らせるのです。
快感はやや減退しますが、すぐに射精する方にとってはちょうどよい快感と射精感を得ることができます。
時間をかけて射精をするほど、鋭い射精感を得られるものです。
どんなに感度がよくても、1分くらいで射精してしまう状態では、睾丸内に精液が残った状態です。
完全にスッキリするためには、少なくとも5分以上は持続させたいものです。